WORK CASE

作業事例

W222 Sクラス 水漏れ

今回はw222の水漏れ修理のご紹介です!

エンジンが157です…

いつものパイプかな?なんて予想していたのですがそこにもどこにもはっきりした漏れ跡がなく、あれあれ?となりまして

お客様に問診すると、一ヶ月で二回位給水するとの事

んー

漏れてるはずなのに…

頭を潜り込ませてよく観察すると!

ありました!

しかし、この先はカバーとパネルの隙間で全く見えません

ワイパーカウル等のカバー類を外し確認すると

犯人発見です!

微量づつ漏れ、エンジンの熱で下に落ちる前に乾いてしまったのでしょうか、周りには結晶が溜まっていました

交換し漏れ確認をして作業完了です

暑い夏を過ぎた頃に疲れたプラスチック類が限界を迎えてしまう事がよくあります

冬になる前に是非サエキモータースで点検を!

2022/10/5 tana